メニュー
English

成形伸縮目地材のオフコンやエキスパンタイ、防災瓦のアルミダイカストルーフの販売。

株式会社タイセイ

資料請求・お問い合わせ

English

オンラインショップ

楽天市場店

PayPayモール

Amazon.co.jp

HOME製品情報成形伸縮目地材 > 規格について

製品情報

カーポートTZ型20

規格について

  • 国土交通省規格(国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「公共建築仕様書(建築工事編)」9章2節より抜粋)

    平成31年版公共建築工事標準仕様書

    • (11) 成形伸縮目地材

      (ア) 形状及び寸法
      目地幅は25mm、本体は目地幅の80%以上、保護コンクリートの上面から下面にまで達するよう高さの調節が可能なもので、キャップ側面に付着層又はアンカー部を備えた製品とする。

      (イ) 成形伸縮目地材の品質は、表9.2.1による。

    • (12) 成形緩衝材は、アスファルトルーフィング類の製造所の指定する製品とする。

    • (13) 保護コンクリート

      (ア) コンクリートの調合は、6章14節[無筋コンクリート]による。

      (イ) 保護コンクリート内に敷設する溶接金網はJIS G3551(溶接金網及び鉄筋格子)に基づき、鉄線の径6mm、網目寸法100mmの製品とする。

    表9.2.1 成形伸縮目地材の品質

    項目 品質 試験方法
    付着層タイプ アンカータイプ
    圧縮性能 最大荷重160N/cm(注)1 最大荷重240N/cm(注)1 JIS K7220(硬質発泡プラスチック-圧縮特性の求め方)に準じて、20±2℃及び60±2℃において、圧縮速度1.0mm/minで、0~30%の圧縮を行う。(注)2
    キャップ表面に割れがないこと。
    伸び性能 キャップ付着層部とモルタル面が離脱しないこと。 キャップアンカー部とモルタル部が離脱しないこと。 JIS K7220に準じて、-20±2℃及び20±2℃において、引張り速度1.0mm/minで、0~30%の引張りを行う。(注)2
    加熱収縮性能 加熱収縮率0.5%以内 JIS A5756(建築用ガスケット)による加熱収縮率試験に準じて、70±2℃において、168時間加熱したのち、標準状態で4時間放置する。(注)3
    キャップ部に反り、ひずみ等著しい変形がないこと。
    耐候性能 キャップ部にひび割れが生じないこと。 JIS A6008(合成高分子系ルーフィングシート)による促進暴露試験に準ずる。(注)4

    (注)

    1.試験体(高さ80mm、長さ50mm)単位長さあたりの最大荷重

    2.試験体は、実際の使用条件に近い形状のものとする。

    3.試験体は、キャップ部のみとする。

    4.試験体は、原則として、キャップ部から作成する。

  • 成形伸縮目地材工業会規格

    主な規格内容

    形状による区分

    区分 種類 形状例

    1類
    (付着タイプ)

    ※弊社TE型

    保護コンクリートに対する「付着層を備えた
    キャップ」又は「付着層とアンカー効果を備
    えたキャップ」と「本体」を組み合わせ、
    所定の品質を有する目地材。
    形状例

    2類
    (アンカータイプ)

    ※当社TJ,TZ,TX型

    保護コンクリートに対する「アンカー効果を
    備えたキャップ」と「本体」を組み合わせ、
    所定の品質を有する目地材。
    形状例

    用途による区分 (形状例)

    目地材の用途区分は、高さ可変範囲とベースの有無によって区分した。なお高さ可変型の 製品は、目地材両側の保護コンクリート相互の縁切れが完全になるものとする。

    高さ可変型 高さ固定型
    本体とベースが一体となったもの 本体とベースが別体となったもの 高さ固定型
    高さ可変型 高さ可変型

    用途による区分

    区  分 高さ可変範囲 mm ベース幅 mm
    高さ可変型 20以上 本体幅+40以上
    高さ固定型 20未満

    成形伸縮目地材の品質

    試験項目 温度
    条件
    分類による規格値
    1類 2類
    圧縮荷重試験 0~30%圧縮での最大荷重
    N/cm
    20℃ 160以下 240以下
    0~30%圧縮での目視検査 キャップ表面に「割れ」が
    生じないこと
    0~30%圧縮での最大荷重
    N/cm
    60℃ 160以下 240以下
    0~30%圧縮での目視検査 キャップ表面に「割れ」が
    生じないこと
    伸び性能試験 30%引き伸ばし状態に
    おける目視検査
    20℃ 伸び率30%で離脱を生じないこと
    30%引き伸ばし状態に
    おける目視検査
    -20℃ 伸び率30%で離脱を生じないこと
    耐摩耗試験 mg 20℃ 1.000mg以下
    加熱収縮率試験 加熱収縮率 % 20℃ 縮み0.5%以内
    「反り」「歪」の目視検査 いずれの試験片にも著しい
    変形がないこと
    衝撃抵抗性試験 20℃ いずれの試験片にも破断や
    ひび割れがないこと
    耐候性試験 20℃ いずれの試験片にもひび割れ
    がないこと

  • 社団法人 公共建築協会規格

    主な規格内容

    評価基準

    項  目 品質・性能
    区分 形状による区分 付着層タイプ
    保護コンクリートに対する付着層を備えた
    キャップと本体を組み合わせ、所定の品質を有する目地材。
    アンカータイプ
    保護コンクリートに対するアンカー効果を備えた
    キャップと本体を組み合わせ、所定の品質を有する目地材。
    寸法 用途による区分 高さ可変型 高さ可変範囲が20mm以上のもの
    高さ固定型 高さ可変範囲が20mm未満のもの
    目地キャップ幅 25mm
    目地キャップ高さ 25mm以上
    目地本体幅 目地キャップ幅の80%以上
    目地キャップの
    最低かぶり長さ
    (可変型のみ)
    15mm以上
    目地ベースの
    最低かぶり長さ
    (可変型のみ)
    10mm以上
    目地ベース幅
    (可変型のみ)
    目地本体幅+40mm以上
    品質 機能 保護コンクリートの上面から下面にまで達するよう高さの調節が可能なこと。
    外観 目地材製品について
    ・避けた箇所、切断箇所、折れ曲がり及び破損個所がないこと。
    ・異常に粘着する部分がないこと。
    ・固定時に仕上げ支障があるような異常な湾曲、起伏がないこと。
    寸法許容差 キャップ幅 -2.0%
    本体幅 -10.0%
    長さ幅 -0.5%
    ベース -5.0%
    目地本体 保護コンクリート層のムーブメントに対して
    所定の柔軟性等緩衝材としての性能を有しているもの。
    性能 目地キャップ 所定の寸法安定性、耐荷重性、耐摩耗性、耐衝撃性及び
    保護コンクリートとの接着性を有し、付着層タイプに
    おいては水密性のある付着層を組み合わせたもの。
    ベース 防水層を傷つけない材料とし、
    目地本体が容易に固定できる

     

    項  目 品質・性能
    温度条件 付着層タイプ アンカータイプ
    性能 圧縮性能 0~30%圧縮での
    最大荷重(N/cm)※1
    20±2℃
    60±2℃
    160 240
    0~30%圧縮での
    目視検査
    キャップ表面に割れが生じないこと
    伸び性能 0~30%引張り
    での目視検査
    -20±2℃
    20±2℃
    キャップ付着層部と
    モルタル面が離脱しないこと
    キャップアンカー部分と
    モルタル面が離脱しないこと
    耐摩耗性能(mg) 20±2℃ 1,000以下
    加熱収縮
    性能
    加熱収縮率(%) 70±2℃ 0.5%以内
    目視検査 キャップ部に反り、ひずみ等著しい変形がないこと
    耐衝撃性能 20±2℃ 耐衝撃性4
    (高さ1.5mの衝撃で、試験体3体とも穴があかないこと)
    耐候性能 63±3℃ キャップ部にひび割れが生じないこと
    試験 試験方法

    1. 圧縮性能試験は、JIS K 7220(2006)「硬質発泡プラスチック―圧縮特性の求め方」に準じて、20±2℃及び60±2℃において、圧縮速度1.0mm/minで、0~30%の圧縮を行う。※2

    2. 伸び性能試験は、JIS K 7220に準じて、-20±2℃及び20±2℃において、引張速度1.0mm/minで、0~30%の引張りを行う。※2

    3. 耐摩耗性能試験は、JIS K 7204(1999)「プラスチック―摩耗輪による摩耗試験方法」に準じて行う。

    4. 加熱収縮性能試験は、JIS A 5756(2013)「建築用ガスケット」による加熱収縮率試験に準じて、70±2℃において168時間加熱したのち、標準状態で4時間放置する。※3

    5. 耐衝撃性能試験は、JASS 8(2014)「防水工事」付5.T-501メンブレン防水層の性能評価試験方法による3.2耐衝撃試験に準じて行う。

    6. 耐候性能試験は、JIS A 6008(2006)「合成高分子系ルーフィングシート」による促進暴露試験に準ずる。※4

    7. 上記以外については、成形伸縮目地材工業会「成形伸縮目地材規格」7.試験による。

    ※1 試験体(高さ80mm、長さ50mm)単位長さあたりの最大荷重

    ※2 試験体は、実際の使用条件に近い形状のものとする。

    ※3 試験体は、キャップ部のみとする。

    ※4 試験体は、原則として、キャップ部から作成する。

  • 社団法人公共建築協会評価書

    評価書

    評価品

    オフコン99 TX型
    (アンカータイプ/高さ固定型)
    TJ型
    (アンカータイプ/高さ固定型)
    TZ型
    (アンカータイプ/高さ固定型)
    乾式タイプ
    エキスパンタイ TE型
    (付着層タイプ/高さ固定型)
    TX型
    (アンカータイプ/高さ固定型)
    TJ型
    (アンカータイプ/高さ固定型)
    TZ型
    (アンカータイプ/高さ固定型)
    湿式タイプ

ピックアップ